このエントリーをはてなブックマークに追加

筋トレのインターバルは短めが良い。

シェアする

スポンサードリンク

スポンサードリンク




こんにちは。ijiryuです。

筋トレ時のセット間の時間は、どれくらいとれば良いか、ご存じですか。

セット間の時間を、インターバルと呼びますが、

インターバルは30秒~90秒が良いとされています。

平均60秒くらいですね。

ではなぜ、30秒~90秒なのでしょうか

スポンサードリンク




全ての筋線維に刺激を与える

筋トレで重要なのは全ての筋線維を疲れさせることです。

筋肉を成長させるためには

「超回復」

を起こすことが大切になります。

その為には、全ての筋肉を疲れさせるつもりで筋トレしないと行けません。

インターバルの間に筋肉は回復しますが、

疲れが少し残っているうちに、次のセットを開始します。

これを3セット以上行うことでようやく

しっかりとオールアウトできたと言えます。

短いインターバルだと

疲れがとれない状態で次のトレーニングをすることになります。

そうすることで、身体は

今のままだとダメージに耐えられないから強化しなくては!

と信号をおくり、筋肉の成長を助けてくれます。

長すぎても短すぎてもダメ!

インターバルを長くとりすぎると

筋肉が疲労から回復してしまいます。

そうすると、元気な状態で次のセットをすることになり、

オールアウトするのが難しくなります。

3セットやっただけになってしまい、筋肉があまり成長できません。

せっかく同じ回数、同じセット数トレーニングするなら

しっかり成長できた方が良いですよね。

また、インターバルが長いと

その分トレーニング時間も長くなり、集中力が落ちてきます。

筋トレはフォームが大事ですので

集中力が切れるとフォームが崩れて

狙いの筋肉を刺激できなかったり、

怪我の原因にもなります。

逆にインターバルが短すぎても同じことが言えて、

疲労が残りすぎたまま次のセットをすることになり、

辛いのでフォームが崩れたり、

無理をして怪我に繋がったりします。

せっかく筋トレをするのであれば、

出来るだけ効果の高い方法で行いたいですよね。

目安は60秒

インターバルの目安はまずは60秒から始めましょう。

あまりにも辛い場合は、120秒までなら時間を伸ばしてもよいでしょう。

慣れてきてら少しずつインターバルを短くしてください。

スマホのストップウォッチ機能やアプリなどで

しっかりと時間を測りながらトレーニングをしましょう。

時間を測ることでトレーニングの時間管理もしやすくなり、

結果的にトレーニング時間が短くなります。

★おすすめトレーニング★

ダンベルスクワット

ダンベルデッドリフト

ダンベルプレス

自重トレーニング

ブログランキングをクリックしていただけると

モチベーションにつながります。

応援していただける方はどうぞ

よろしくお願いします。