このエントリーをはてなブックマークに追加

筋トレでテストステロンが分泌されるとやる気が上がり嫌な気分もぶっ飛ぶ

シェアする

スポンサードリンク

スポンサードリンク




こんにちは。ijiryuです。

筋肉を成長させるメカニズムのひとつに

ホルモンがあります。

組織を分解することをカタボリック、

合成することをアナボリックといいます。

筋トレをすると、アナボリック・ホルモンが分泌され、

筋肉にタンパク質が誘導されやすくなることとで

筋肉の成長を助けてくれます。

スポンサードリンク




テストステロン

アナボリック・ホルモンの代表が、テストステロンで

男性ホルモンの一種です。

女性よりも男性のほうが、筋肉が付きやすいといわれるのは

男性のほうがテストステロンの分泌が多いためです。

女性もテストステロンは分泌されていますが、

男性に比べて分泌量が少ないので、

同じように筋トレをしても、男性ほどの筋肉肥大は起きません。

マッチョになりたくないから、筋トレをしないという女性もいますが、

並大抵の努力ではマッチョになんてなれません。

男性でもなかなかムキムキになれません。

何の心配もせず、筋トレをして、

美しいボディラインを手に入れましょう。

テストステロンの役割

テストステロンはアナボリック・ホルモンの代表ですが

そのほかにも、立派な役割があります。

やる気や、性機能、性欲などの維持や、

活性酸素を除去して、生活習慣病を避ける働きがあるそうです。

男性のテストステロンの分泌量は20代がピークです。

その後どんどん衰えていきます。

そして、40代ごろから、性欲や意欲が出なくなったり、

疲労感やうつ状態といった症状が出ることがあります。

年齢や、ストレスなどの原因もあるとは思いますが、

テストステロンの減少も大きく関わっています。

筋トレはテストステロンを増やす効果があります。

筋トレを継続的に行うことによって、

テストステロンの減少を防止し、

意欲を高め、嫌な気分もぶっ飛ばすことができます。

嫌な気分の時だけ筋トレを行おうと思っても

なかなかできることではありません。

日頃から筋トレを習慣付けておくことで

割りとすんなり筋トレができるようになります。

聞き手の薬指が人差し指より長い人は

生まれつきテストステロンの分泌量が

多いと言われています。

成長ホルモン

アナボリック・ホルモンの中には

テストステロンの他にも成長ホルモンがあります。

成長ホルモンについては様々意見がありますが、

筋肉をふやすたんぱく質との合成を

増やす物質になると言われています。

直接関係ないという話もありますので、

今後の研究が楽しみです。

自宅でできるお勧めトレーニング

筋トレはジムに行かなくても十分にできます。

自重でも十分ですが、

慣れてきたら、ダンベルを購入すると

より効果的なトレーニングができます。

★おすすめトレーニング★

ダンベルスクワット

ダンベルデッドリフト

ダンベルプレス

自重トレーニング

ブログランキングをクリックしていただけると

モチベーションにつながります。

応援していただける方はどうぞ

よろしくお願いします。