このエントリーをはてなブックマークに追加

筋トレは自分に合ったやり方で継続しよう

シェアする

スポンサードリンク

スポンサードリンク




こんにちは。ijiryuです。

筋トレはたくさんの考え方や方法があって、

その中の多くは、成果の出る方法だろうと思います。

しかし、

どんなにテレビで紹介されても、

本でやり方を学んでも、

上手く成果の出ない人もたくさんいる

というのが、事実です。

スポンサードリンク




同じ筋トレ…続けられてますか?

筋トレで成果のわかるまでの期間は

だいたい2ヶ月だと言われています。

筋トレをしている目的は

それぞれ違いがあるとは思いますが、

多くの場合は、

自分の体型、見た目が気になって始めた。

といった所ではないでしょうか。

私もそうでしたが、

筋トレを1,2 週間続けても効果を感じられないと

日に日にやる気がなくなって

気がつくと全くやってない。

という人も多いと思います。

でも、それは仕方がないのです。

だって、筋トレってツラいじゃん…

ツラいことは誰もしたくないですよね。

仕事や学校から疲れて帰ってきて

テレビや本で紹介されている

ツラく時間の掛かる筋トレをすると思うと

げっそりしますね。

だから、効果を実感できないと、

どうしても続かないということは、

普通なことなのです。

しかし、2ヶ月は筋トレを続けないと効果が表れない!

となれば、2ヶ月続けられる方法を見つけるしかありません。

2ヶ月続けられる方法とは…???

結論から言いますと、

2ヶ月続ける方法は人それぞれ違い、

これだ!!といえる方法は決まっていません。

筋トレの目的が,今より健康的になることや

少しでも痩せることであるのであれば、

自分の生活リズムを考えて

無理なく計画を立てることが何より重要になります。

ボディービルダーのようになりたいのであれば、

無理にでも、時間を作って

トレーニングをする必要がありますが、、、

計画を立てる上で一日のうちの

いつ筋トレをするのかを考えてみると

・朝早くに起きて1時間しっかりとトレーニングする。

・仕事から帰ってきて1時間トレーニングする。

・仕事の合間を見つけて少しずつトレーニングする。

・平日だけ、もしくは休日だけトレーニングする。

・曜日を決めてトレーニングする。

など、筋トレをする時間だけでも、三者三様です。

トレーニングの方法についての考え方もたくさんあり、

・セオリー通り10回×3セット行う

・スロー&クイックで行う

・自宅で行う

・ジムに通って行う

・サーキットトレーニングで行う。

・短時間で一気に終わらせる

・時間をかけてじっくり行う

など、人それぞれ方法は違います。

目的によって選択をし、筋トレを行う

ということがよく言われますが、

同じ目的でも、かけられる時間は

人によって大きく違います。

例えば、朝は6時には家を出て

夜は10時ごろ帰宅する。

そんな生活リズムの人が

セオリー通りのトレーニングを行おうとすると、

朝4時に起きてトレーニングを1時間するか

夜帰ってきて1時間トレーニングをするか

しかありませんが・・・・・。

空腹時の筋トレはダメ、

食事後も最低1時間開けないとダメ、

寝る前もダメ、

睡眠時間を削るのもダメ、

などよく言われる内容を考えると

「いつやればいいんだよ!」

となってしまい、結局筋トレが続かない

ということに、なってしまいます。

しかし、今より健康的になりたい、

少しでも痩せたい、と考えている人は

そこまで難しく考える必要はありません。

例えば、

・家に帰ってご飯を食べる前に20分筋トレをする。

・限界まで追い込むことが辛く

 続けられないなら、少ししんどくなったところでやめる。

・寝る前しか時間が取れないなら、寝る前にやる。

など、少しセオリーから外れても、

続けられないよりは、続けられるほうが

間違いなく体にはいい影響をもたらすと考えています。

その中で、改善できる部分を少しずつ改善していけば、

より質の高いトレーニングになっていくと思います。

ちなみに、私の場合は

仕事から帰宅後、すぐにサーキットトレーニング方式で

20分程度の筋トレを行っています。

短い時間でトレーニングが終わるのが

私にはあっているようです。

今より、健康になりたい、

少しでも痩せたいと考える人は

良いという方法にこだわる前に、

続けるということに重点を置いて

トレーニングの選択、時間の抽出を

行ってください。

おすすめトレーニング★

ダンベル使用

ダンベルスクワット

ダンベルプレス

ダンベルデッドリフト

自重トレーニング

入門自重トレーニング

★自重★腹を凹ますための腹筋トレーニング

★自重★腕立て伏せの種類を増やすだけでも上半身の半分は鍛えられる

★自重★筋トレは下半身から行うのがダイエットの近道

ブログランキングをクリックしていただけると

モチベーションにつながります。

応援していただける方はどうぞ

よろしくお願いします。