このエントリーをはてなブックマークに追加

筋トレは筋肉痛がなくても効いている。オールアウトの意識が大切

シェアする

スポンサードリンク

スポンサードリンク




こんにちは。ijiryuです。

筋トレでもそうですが、

久しぶりに身体を動かしたり、

重い荷物を運んだりすると、

筋肉痛になりますよね。

だいたいの場合は翌日以降に症状が出ると思います。

筋トレの後で筋肉痛になると

しっかり筋肉に刺激を与えられたのかな

と思いますよね。

逆に筋肉痛にならなかったら、

筋トレが足りなかったのだろうかと考えてしまいます。

しかし、実は筋肉痛がなかったとしても

トレーニングの効果がないということにはなりません。

スポンサードリンク




筋肉痛のメカニズムは解っていない

筋トレを続けていると

筋肉痛になることが少なくなってきます

だからと言って効いてないとは限りません。

そもそも、筋肉痛が起こるメカニズムは

100%解明されているわけではないのです。

筋肉は筋線維の損傷や炎症によるものだと

考えられてきましたが、激しい運動や筋トレなどでも、

筋線維には、大きな損傷や炎症などは

起きないことが分かってきているそうです。

現在有力だといわれているのは

慣れない刺激が筋肉に加わると

脳が筋肉を守ろうと敏感に反応してしまう

というものです。

痛みがあれば身体は無理ができないですからね。

少しずつ筋肉の強い刺激に慣れてくると

筋肉痛にもなりにくくなります。

筋トレ後の筋肉痛より、オールアウトを意識する

筋肉痛は刺激に慣れていないことで

脳が身体を守ろうとする防衛本能みたいなものです。

そうなると、

筋肉痛になったから、十分なトレーニングができている。

筋肉痛になっていないからトレーニングが足りない。

ということにはなりません。

筋肉痛になっても、

トレーニングの時に、オールアウトできていなければ

十分なトレーニングができたとは言えないし、

筋肉痛になっていなくても、

トレーニングの時にしっかりとオールアウトができてれば

筋肉は順調に成長します。

筋肉痛は結局

動きに慣れているか、慣れていないかということです。

筋肉痛は目安にもなりませんので、

筋肉痛が来たからといって、喜んではだめです。

筋肉痛での筋トレはしても良いのか

筋トレは通常、48時間~72時間の周期で行います。

しかし、筋肉痛がひどい場合、通常の周期でも

トレーニングが辛いことがあります。

痛みがあってもトレーニングしていいのかどうか

悩むこともあるのではないでしょうか。

そういう場合は

いつもの負荷で1セットやってみます。

その時、

正しい姿勢のまま、いつもの回数ができるのであれば

そのまま、通常のセット数を行っても良いと判断します。

痛みが強かったり、正しい姿勢が取れなかったりした場合は

諦めて休養しましょう。

休養することもトレーニングの一環です

体が慣れてくれば、筋肉痛にもなりにくくなるので

通常のトレーニング間隔で行えるようになります。

最初の内は無理のないようにすることが、

トレーニング継続の秘訣です。

おすすめトレーニング★

ダンベル使用

ダンベルスクワット

ダンベルプレス

ダンベルデッドリフト

自重トレーニング

入門自重トレーニング

★自重★腹を凹ますための腹筋トレーニング

★自重★腕立て伏せの種類を増やすだけでも上半身の半分は鍛えられる

★自重★筋トレは下半身から行うのがダイエットの近道

ブログランキングをクリックしていただけると

モチベーションにつながります。

応援していただける方はどうぞ

よろしくお願いします。