このエントリーをはてなブックマークに追加

筋トレの成果が出るまで最低2か月かかる

シェアする

スポンサードリンク

スポンサードリンク




こんにちは。ijiryuです。

一週間で腹がへこむ、痩せるなどといったダイエットが

テレビや本で良く紹介されていますね。

昔からそういったうたい文句に乗っかって

トレーニングしてみるのですが、

私の場合、効果を実感した経験がありません。笑

きっと効果を実感できる人もいるんだろうと思います。

ただ、やはりコツコツとトレーニングを

積み重ねることが一番の近道かなと思います。

スポンサードリンク




筋トレの成果

一般的に、筋トレをして成果が実感できるのは

週2回トレーニングをしても2ヶ月はかかります。

1週間や2週間では筋肉を成長させるのは難しいのです。

だから、早い段階で筋トレをしても効果がない!!と

思わずに、辛抱して2ヶ月は筋トレを続けてください。

筋肉より神経系が先に適応する

筋トレを始めると見た目の変化より先に

パワーがついたように感じると思います。

前回と同じ負荷なのに楽だな。

前よりも回数が多く出来るようになったな。

など実感として感じ取れます。

それは、実は筋肉の成長というよりも

神経系の適応なのです。

筋肉を作っている筋線維は運動神経によって

コントロールされています。

運動神経が運動に適応していないと、

筋線維を十分に動員されません。

しかし、

筋トレを積み重ねると、運動神経がその動きを覚えて

よりたくさんの筋線維を使えるようになります。

たくさんの筋線維を同時に使うほど大きな力が出せるため、

筋肉が成長する前に、できる回数や負荷を

増やすことができるようになります。

筋肉肥大はミクロで起こっている

1週間や2週間で筋肉が成長していることを

実感するのは難しいですが、

ミクロのレベルでは筋肉は成長しています。

1回の筋トレで、実感できないような

マクロの筋肉の成長は、少しずつ積み重なり

2ヶ月経つ頃に、ようやく、大きくなったと

自覚ができるようになります。

記録を残してモチベーションを保つ

筋肉の成長が自覚できるようになったら

間違っていなかったと確信が持てて、

やる気も続くようになります。

しかし、2か月は長いですよね。

2ヶ月というとてつもない期間

モチベーションを保つためには、

その期間は、結果ではなくそこまでの過程を重要視します。

カレンダーにトレーニングの種目や回数などを記録したり、

予定を書き込んで、できたことを消し込んでいくなど、

しっかりと記録を残すことで、

自分の行動をモニタリングして

自分が頑張っていることを

見えるようにすることで

モチベーションを高めることができます。

私はあまりこういうことはしなかったのですが、

トレーニングをうまく続けられなかった時期に実践してみると

カレンダーに書いてあるメニューができていないことが嫌になり、

継続ができるようになりました。

おススメの方法です。

★おすすめトレーニング★

ダンベルスクワット

ダンベルデッドリフト

ダンベルプレス

自重トレーニング

ブログランキングをクリックしていただけると

モチベーションにつながります。

応援していただける方はどうぞ

よろしくお願いします。