このエントリーをはてなブックマークに追加

スロー&クイック 筋トレの回数 スポーツで使える筋肉を作る

シェアする

スポンサードリンク

スポンサードリンク




こんにちは。ijiryuです。

筋トレを始めると迷うことのひとつに

何回すればよいの??というものがあります。

回数やセットに関しては

いろんなことが言われています。

ゆっくりとするのか

とにかく回数をするのか…

ただひとつ間違いないことは

“限界まで追い込む”

これがもっとも重要ということです。

オールアウトってヤツですね!

以前に記事のなかで筋トレの回数を

目安として8~12回を3セットと

紹介しています。

★参考ページ★

この方法は筋肉を大きくするのに

良いとされている方法で、ちゃんと行えば

確実に成果が見えてきます。

しかし、6~12回という回数が

「ちょっとキツイ。やめよう 」

という追い込む前にやめてしまう人も多いです。

しっかりオールアウトできていれば

良いのですが、上手くできていない人も

たくさんいるのが事実ですね。

私も気持ちが弱いので

もう無理…と10回でやめることもあります。

でも、実際は気力であと2回は上がるはずなんです。笑

その2回がトレーニングの中でも

最も重要なポイントになりますので、

妥協せず追い込みたいところです。

スポンサードリンク




スロー&クイック

私が最近行っているやり方は

テレビや雑誌などでも

しばしば取り上げられていますが

「スロー&クイック」という方法です。

その名の通り、スローで行うトレーニングと

クイックで行うトレーニングを合わせた方法です。

スローでゆっくりと動かすことで少しの負荷で

高負荷トレーニングと同じような運動になります。

そして、クイックでの切り返しで筋肉に

物理的に傷をつけ、仕上げに追い込むような

イメージのトレーニングです。

スロー&クイックのやり方

1.ゆっくりと4秒程度かけて重りを持ち上げる

(負荷が抜ける前に止める)

2.またゆっくりと4秒程度かけて重りを下げる

(これも負荷が抜ける前に止める)

3. 1,2を10回繰り返す

(ゆっくりでは1回も上げられないのが理想)

4.自分のできる最速で5回行う

5. 一旦5秒程度休憩する

6.また自分のできる最速で5回を目安に限界まで行う

4・5・6が特に重要です。

私はこのスロー&クイックの方法をして

今まで追い込んでいると思ったいたものは

全然足りなかったと実感しました。笑

このトレーニングでは、

実際にスポーツで使える筋肉がつくともいわれています。

是非実践していただきたいです。

★おすすめトレーニング★

ダンベルスクワット

ダンベルデッドリフト

ダンベルプレス

自重トレーニング

ブログランキングをクリックしていただけると

モチベーションにつながります。

応援していただける方はどうぞ

よろしくお願いします。