このエントリーをはてなブックマークに追加

痩せるには筋トレが必須!!

シェアする

スポンサードリンク

スポンサードリンク




痩せるなら、有酸素運動。とにかく走る。

そう思っている人は多いと思います。

確かに、脂肪を燃焼するためには有酸素運動が必要です。

しかし、有酸素運動だけでは効率よく脂肪を燃焼させることはできません。

それでは、どうすればよいのでしょうか。

有酸素運動の前に筋トレをしましょう。

筋トレは無酸素運動になります。

筋トレをしている最中は、あまり脂肪燃焼の効果は期待できません。

しかし、筋トレをした後の脂肪燃焼の効果は期待が持てます。

筋力をつけるということは、基礎代謝が上がるということです。

基礎代謝って?

基礎代謝とは何もしないでいても、生きる上で必要な呼吸や、

体の動きで消費するカロリーのことです。

筋肉をつけることで、微量ながら基礎代謝が上がるので、

何もしないより、痩せやすくなるということが言えます。

筋トレ最大の効果

しかし、筋力をつけることで基礎代謝が上がることよりもうれしい効果は、

筋トレ後48時間程度の間、代謝が高まるということです。

代謝が高まってるということは、いつも通り、仕事をしていても、買い物に行っても、

家でぐーたらしていても、消費されるカロリーが多いということです。

筋トレでの脂肪の変化

筋トレをすると脂肪が分解されます。

脂肪を燃焼させるには、まず、分解させる必要があります。

分解された脂肪はエネルギーとして消費されることを待ち望んでいる状態になっています。

その時に、有酸素運動でエネルギーを使ってあげることにより、

効率的に脂肪燃焼させることが出るというわけです。

脂肪が燃えるタイミング

最もよく脂肪が燃えるのは、筋トレの20分後と言われています。

私も、ジムにいくことがあるのですが、筋トレをした後雑誌を読みながら

20分程度たったのを確認して有酸素運動をしています。

有酸素運動は走るのがいい!

有酸素運動の強度の目安ですが、少し息が上がる程度、話をしながらでも

走れるくらいで走るのが脂肪の燃焼がしやすいといわれています。

あまり、速いスピードで走ると有酸素運動ではなく、無酸素運動に

なりかねませんので、ペースに気を付けましょう。

皆さんも、せっかく有酸素運動をするのであれば、

筋トレをしてからにしてみてはどうでしょうか。

有酸素運動から行うと、ホルモンの分泌が悪くなるいうことも

わかっているようです。

間違っても有酸素運動から行わないように気を付けましょう。