このエントリーをはてなブックマークに追加

トレーニングの頻度について

シェアする

スポンサードリンク

スポンサードリンク




こんにちは。ijiryuです。

筋トレは大きな筋肉からしましょうという話を先日書かせてもらいました。

太もも→お尻→肩→背中→胸→腹筋

の順番が良いですね。

しかし、筋トレをしたい人の中には、1日にたくさんのトレーニングをする時間がない!!

もしくは、1日でそんなにたくさんトレーニングできる体力も、気力もない。。

という人もたくさんいるのではないでしょうか。

1日にたくさんトレーニングができない場合は毎日部位を分けて

トレーニングしましょう。

トレーニングの頻度

トレーニングの頻度は超回復を考えると48時間~72時間

つまり2~3日は開ける必要があります。

同じことの繰り返しになりますが、

1日に十分な時間が確保できる人は、その時間ですべてのトレーニングを

してしまえば良いので2~3日ごとにトレーニングをすればよいですね。

しかし、1日の時間があまり確保できない場合は、1日にする筋トレの種目を減らして、

また次の日に別の部位を鍛えるといった方法を取る必要があります。

例として上記のようになトレーニングプランを示してみました。

休みも入れながら短時間で筋トレを終わらせるほうが、

長続きするという人もいると思いますし、

毎日するほうがモチベーションが続くという人もいると思います。

せっかく始めたなら、続けて行きたいですので、1週間のトレーニングプランを

考えてみてはどうでしょうか。

必ず、超回復を意識してトレーニングの感覚を48時間以上開けるようにしてください。

大きい筋肉の太ももからしなくていいの?

トレーニングの日を分けてしましょう。というと必ず、

上半身だけの日って大丈夫なの?太ももからしなくていいの?

と疑問を持つ方がいます。

上半身をトレーニングする日に太もものトレーニングをする必要はありません。

1日ですべてのメニューをこなそうと考えるなら、

太もものトレーニングから始めましょう。ということです。

日を分けてするにしても、1日で多くのメニューをこなすにしても、

大切なのは全てのメニューで限界まで追い込むことです。

全部の筋肉を限界まで追い込むためには、疲れにくい大きい筋肉を

先に限界を迎えさせて、小さい筋肉を後から限界を迎えさせることが必要

ということです。

大事なのは、しっかりと限界まで追い込む、オールアウトするということですね。

自分の体力も考慮して、しっかりと確実にオールアウトできるトレーニングプランを

考えて、トレーニングを続けてください。