このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローイン

シェアする

スポンサードリンク

スポンサードリンク




こんにちは。ijiryuです。

ドローインとはお腹の一番奥にある腹横筋を鍛えるトレーニングです。

腹横筋とは腹直筋や腹斜筋のさらに内側にあるインナーマッスルで

内臓をコルセットのように支えている筋肉です。

腹横筋を鍛えると、ポッコリお腹の解消や綺麗なくびれを作ることができます。

ドローイン

腹横筋を鍛える方法として、いつでもどこでもできるドローインという方法を

紹介したいと思います。

基本のドローイン

1.膝を立てた状態で仰向けにねる

2.息をしっかり吸い込んでゆっくり吐きながらお腹を凹ませていく

  ・お腹全体を床に近づけて行くようなイメージで行う

  ・お腹全体に力が入るような感覚で行う

  ・お腹を凹ませることで肺の中の空気を全部押し出す感じで行う

3.最大までお腹が凹んだ状態でキープする

  ・呼吸が止まらないようにする

  ・力が抜けないように意識する

  ・キープの時間は長いほうが良いが

   スタートは10秒から始めて20秒、30秒…と伸ばしていく

1日3セット行うと良いと思います。

始めのうちは、お腹を凹ませる感覚が掴みにくいかもしれないので、

横になって行うことをお勧めします。

しかし、お腹を凹ませる感覚が掴めてきたら、座っていても立っていても

ドローインできるようになります。

1日3セットとは別に、仕事の合間や通勤時間など、気が付いた時や思い出したとき

などに、行うようにしましょう。

常に行う必要はありませんので、気が付いたときにすれば十分です。

トレーニングの効果

実感としては1週間くらい続けると、お腹が引き締まった感覚がわかるように

なってくると思います。

有酸素運動と併用して、消費カロリーを上げる

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うときに

ドローインをしながら行うと、消費カロリーは40%増すと

いう実験結果があります。

せっかくウォーキングやジョギングといった有酸素運動を

するのであれば、少しでも消費カロリーを増やしたいですよね。

慣れるまではうまく力が入りませんが、感覚が掴めると

お腹に効いている感じがわかってきます。

無理のない程度に併用して有酸素運動をしましょう。

また、有酸素運動の前には筋トレのような無酸素運動を

することによって有酸素運動の効果を高めることができます。

筋トレも一緒に行えばより高い効果が得られることになりますね。

他の記事でも記述しましたが、筋トレは大きい筋肉を鍛えることが

効果的です。けがの無いように行いましょう。